学習塾の体験談

“私は小学生の頃に学習塾に通っていました。
通い始めた理由は仲の良い友人が通っていたからというのが本音です。

学習塾に通って良かったことは楽しく勉強できたことです。
学校の課題や学習塾の課題を友人達と一緒に楽しく進められました。

悪かったことは勉強に対する集中度は低かったように思います。
すぐそばに友人がいるとどうしてもおしゃべりしたくなってしまっていました。
正直なところ勉強へのやる気というよりは友人達がいるから行っていたというのが本音です。
ましてや小学生でしたからそれ程勉強に必死になろうという気持ちは湧いてきませんでした。

社会人になった今思うことは、学習塾へ通う目的をはっきりさせることが大切だということです。
具体的に言いますと、年齢(学年)や環境によって必要性を見極めるということです。

学習塾を批判、否定するということではありません。
学習塾に通う目的が明確でそれに伴い意欲があるかということです。

私の例でいいますと、私は田舎で生まれ育ち小学校も中学校も私立の学校はありませんでしたので公立一択しか選択肢はありませんでした。
そのような中で学習塾に行っても受験を目的にしたわけではないため必死さがなく集中度も低くなってしまいます。
そのような状態であれば、何も学習塾に通わなくても自宅での勉強で足りるし、もしかしたらその方が集中度合いは高かったかもしれません。

逆に私立中学校に受験で入学しようと考える場合は恐らく自宅での学習だけでは足りません。
そして、そのような意欲や明確な目標がある場合には学習塾という場が最大限に生かされておしゃべりもなく必死に勉強するはずです。

静かな環境で勉強しようと思うなら、ホテルがおすすめですね。
西船橋のホテルを見てみましょう
ホテルにもいろいろありますが、ラブホテルというのもいいものです。
ラブホには設備がいろいろ充実しているので、塾で溜まったストレスの解消もできます。

そのため私が学習塾に通った体験談から言えるのは、学習塾に行くこと自体が目的にならないように明確な目標を持って通うことが大切だということです。
学習塾に通ったその先にどんな目標や目的があるのかを考える必要があります。
そして、そのような明確な目標がある人にはとても優れた環境であるということです。”